導入のメリットとデメリットを教えて!!

勤怠管理システムを導入するメリット

勤怠管理システムを導入する事で超過労働を防止したり、不正打刻を防止する事ができます。管理システムにはスマートフォンなどのモバイル端末に対応したアプリケーションもあるので外出先などの事業所外からでも打刻が行えます。社内にいる時でも自分のデスクからでも打刻ができるので打刻機まで行く手間が省けて業務効率を上げる事ができます。
勤怠管理システムの導入で勤怠管理をする為の作業がそれまでより簡潔化されるので、少ない人員で社内全体の勤怠管理ができます。これによって人件費が削減できるので、経費の削減にもなります。さらに給与計算をするシステムとも連携して運用できるので、勤怠管理から給与計算まで一連の作業で管理する事ができます。

勤怠システムを導入する時のデメリット

勤怠システムを上手く導入すればデメリットになる事はありませんが、導入方法が適切でないとデメリットが発生します。勤怠管理システムには様々な種類があって会社の規模に合わないシステムを導入してしまうとコストが無駄になったり、業務の効率化が進まない事があります。
会社によってワークスタイルも違うので、会社のワークスタイルにあったシステムを導入できないと使い勝手が悪く導入してもコスト負担になるだけです。従業員が使いにくいシステムだと打刻が正確に行われずに逆に勤怠管理がしにくくなる事もあります。
また勤怠管理システムと給与計算システムや会計システムを連携させる事で業務の効率化をはかれますが、他のシステムと連携できない勤怠管理システムを導入してしまうと業務の効率化が進みません。